ドクターヤップは、1985年に、国立シンガポール大学を、卒業し、のち、一年ほど、シンガポール大学の、歯学部の、歯科技術部門の指導者をつとめました。1986 年に、はじめは、診療の椅子が二つのアロハデンタルから始まり、現在は、六台までになりました。彼女の、理念は、痛みを和らげるという、優しさを伴った、治療、審美歯科をとおしてより良い笑顔を作るというものです。

彼女は、また、子供の歯科治療にも、素晴らしく長けています。彼女は主に、クリニックでクラウンや、ブリッジを作るということに、自信を持っており、常に歯科学の講義に出席し、最新の歯科技術を取り入れています。色々な地方から、また、遠くアメリカからの患者さんを診療しています。

彼女は、ピアノを弾き、卓越しており、ACTL の、学位もとっており、教会で、ピアニストや、伴奏者としても活躍しています。